tick-tock lab

すきなことをすきなようにすきなだけ

【読書】マイディー / 光のお父さん

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

 

お久しぶりです。
気づいたら5月も中旬ですね。

 

本と言えば断然縦書き派の私が横書き本を読む

先日、タイトルに記載した本を読みました。
元がブログということもあって、ゲームのキャプチャも多い横書きの本です。
一気読みでした。

子供の頃から、大人になった今まで、ずっとすれ違い続けてきた父と、もう一度やり直したい。
そう考えた息子が思いついたのは、オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」に父を誘い、自分は正体を隠して父と共に冒険し、いつの日か息子であることを名乗り出ようという、壮大な親孝行計画だった。
光の戦士となったお父さんの実話はネットで大きな話題となり、誰もが固唾を呑んで「その日」を見守った。さて、その結末は!?
Amazon内容紹介より) 

元のブログは下へ 

sumimarudan.blog7.fc2.com

 

ゲームを通したゲーマー親子の笑いありな家族の話

わたくし、元々は自他ともに認めるゲーマーでした(一応過去形)
ちなみに私の父もかなりのゲーマー*1(たぶん過去形)
なんとなく、マイディーさんの気持ちもわかります。
うちもまだ昔は話せた*2のに、最近話せていないですもんね。
ただし、うちは父が私の完クリ用ゲームデータを消したのが、話さなくなった原因ですけれど……(;・∀・)


さて、感想ですが、お父さんも息子もゲームを楽しんでいることがわかるし、楽しんでいるが故に面白い
個人的には井上事件や半袖事件で爆笑しました。
最後のオチも一瞬爆笑したのち感動しました。
真剣な人間の行動は本当に気持ちに刺さります。

そして、出てくる他のオンラインゲームメンバーもいい人(きりんさん可愛い)が多くて、安心して読めます。
「マイディーさん良かったね~」と読後感もいいです。

Amazonのレビューでブログにしかないエピソードもあるように書かれていたので、ブログの方も確認しようと思います(o^∀^o)

オンラインゲームの楽しさも上手く伝えられているイメージです。
特に、ゲーム慣れしていない方に向けた説明も入っているので、ゲームのことがあまりわからない方もそこまで読むのにハードルは高くないと思います。

また、あとがきにも書かれていますが、ゲーム=悪の構図だけではないというのがよくわかります。
オンラインゲームは学生時代にすこーしだけやったことがありますが、続かなかった私が言うのもなんですが楽しそう。
そして、キャプチャを見ると、さすがスクエニ、画像が綺麗です。
時代は変わりましたね~。やりたくなりますね~。

いやいや、今の私はソシャゲで精いっぱい(>_<)

 

ドラマ化もされたんだって

4月からドラマも放送されているようですね。
残念なことに私の住んでいる地域では放送されていないので、DVD化されるのを心から待ってる……!!
大杉漣さん大好きなんです……。

hikarinootosan.jp

*1:父が私の受験勉強時にもがっつりFFⅦをやって、制御不能になったヴィンセントのリミットブレイクでセフィロスを倒して初クリアしたことは今でも笑い話

*2:なんと、反抗期の時期にゲームの話をして仲が良かった