読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tick-tock lab

すきなことをすきなようにすきなだけ

LUNA SEA / A WILL

音楽

A WILL

LUNA SEA / A WILL

 

LUNA SEAのアルバム購入はかなり久しぶりです。
2013年に結構テレビで歌っていた曲が好きだったので購入。

解散直前の雰囲気の曲と近いものもありますが、音の感じは90年代のV系好きな人は好きな系統だと思います。

中でも私が好きなのは下記4曲。
そのうち2曲はシングル曲ですね(RougeとThe End of the Dream)

 

02 Rouge

ベースがずーっとギターのように鳴ってて初聞き時は、「うおおおお!」と言ってしまいました。
LUNA SEAらしく歌詞は詰まっていないので、歌はそんなにガツガツ来ないのですがバックが90年代ロック。

この曲が2曲目に入っているのがニクイ。

 

03 The End of the Dream

こちらはRougeとは違ってドラムやギターの方が主張しているかな。
で、全体的に暗い雰囲気より勢いを感じます。
サビ部分はボーカルが非常にひっじょーーうに気持ちよさそうです。
カラオケで歌いたい(笑)でも掛け合いだから難しそうね

 

08 Metamorphosis

この曲のギターは、もう「杉サマー!!」て別にSUGIZOファンでもないのに言いたくなる。
RYUICHIの声が甘いのも、まぁいつものことです。
曲に勢いもあってよいです。好きです。

 

10 Thought

昔の「tonight」と似た感じ。
ギターの音は若いバンドも使いそうな音ですが、トンガリすぎなくて気持ちいいです。
トンガリすぎてないのは、ボーカルの声質もあるんだろうけどね。
そして、歌詞は全力で求愛(笑)

 

 

*********

 

最後にすんごい微妙なことですが、グループロゴが昔と同じの使っているの嬉しかったです。